月別アーカイブ: 2017年7月

vioラインのレーザー脱毛でやけどをしないために

最近は海外セレブの影響などもあり、普通の女子の間でもvioライン脱毛が人気です。しかし、クリニックでもエステでも脱毛をする時には毛根細胞にダメージを与えるためにレーザーや光を当てるので、毛根細胞の周りの皮ふがやけどするリスクがあります。vioラインの脱毛でやけどにならないためにどんなことに気を付けたらよいでしょうか。

Iラインでやけどを起こしやすい理由

Iラインは普段自分でも見にくい場所にありますから、気が付きにくいのですが、ほかの部分の皮ふよりも黒ずんでいることが多いです。皮ふの色素沈着は摩擦などによっても引き起こされます。Iラインの毛とショーツが絶えず擦れ合うことでIラインに刺激を与えてしまい、メラニンが増えてしまうことがあるのです。エステの光脱毛でもクリニックの医療脱毛でも毛根細胞にあるメラニンをターゲットにします。メラニンをほとんど含まない皮ふは影響を受けないのですが、メラニンを多く含んでいると脱毛の光やレーザーを皮ふも吸収してやけどを起こすことがありえます。

エステよりクリニックを選ぶべし

エステの光脱毛のほうがクリニックのレーザー脱毛よりも出力が低いので、やけどになるリスクは低いような気もしますが、出力が低い分施術回数が増え、その分リスクは高まります。また、エステではやけどなどへの医療知識のないスタッフが施術をしますが、クリニックでは専門知識を身に付けた看護師が施術しますので、クリニックで施術してもらったほうが施術中の異常に気が付いてもらいやすいです。クリニックでもやけどを起こすことがありますが、その場合は機械と看護師の技量に問題があることがほとんどです。クリニックでも最新の設備があり、経験と実績で評価の高いクリニックを選びましょう。

万が一やけどになってしまったら

施術した箇所が赤くなる程度なら、保湿を十分にすれば治まることが多いです。レーザー照射の痕が点々と赤や茶色のシミになっているなら、レーザーを照射する際のガスで凍傷を起こしている可能性があります。すぐに脱毛をしてくれたクリニックに連絡しましょう。