レーザー脱毛でvioをきれいにするのに必要な回数とは

脱毛の器械が進化し、手軽に脱毛をする人が増えるにつれて、vioラインの脱毛をする人も増えています。vioラインを脱毛すると、水着を着た時の見栄えが良くなるだけでなく、生理の時の不快感も軽減できるのです。

vioラインとは?

陰部の周りをパーツ分けする際の脱毛用語です。Vラインは、ビキニラインとも呼ばれ、ビキニショーツを着けた時に覆われない部分のことを言います。Iラインは陰部の両サイドで股関節の内側部分、Oラインは肛門の周りで、部位の形とアルファベットの形が似ているのでIライン、Oラインと呼ばれています。

vioラインにはレーザー脱毛がおススメ

vioラインの施術を受けるにはショーツを下して、同性とはいえデリケートゾーンを他人の目にさらすことになります。vio脱毛を完了した人は慣れれば何ともないとは言いますが、それでも恥ずかしいと感じる人の方が多いでしょう。エステの美容脱毛でもvioラインの脱毛はできますが、出力が弱いので1回施術してもらったくらいでは効果を実感しにくく、完全に脱毛しようと思うと、どうしても施術回数が多くなってしまいます。レーザー脱毛であればエステで使われている光よりも出力が3倍も高いので、1回施術してもらっただけでもvioラインの毛が整ってきれいになります。

vioラインを脱毛するのに必要な回数は?

ほとんどの人は施術3回目くらいまでに脱毛効果を実感できています。デリケートゾーンの毛根細胞は、1本の毛を1~2年かけて伸ばし、それが抜けると1~1年半ほど毛穴の中で休止します。休止中の毛根細胞にレーザーを当てても脱毛効果は期待できません。体の表面に出ているのは全体の1/3程度と言われています。vioラインの毛が剛毛な人であれば、3回程度の施術で毛がずいぶん細く柔らかくなりますし、形も整えやすくなります。1本も残さないハイジニーナにしたい場合は、毛周期に応じてレーザー脱毛を行うことが必要になりますから、3~4カ月に1度の頻度で通い、最低6回の施術が必要です。